ファンデーションは肌の色に近いものか、少し暗めの色のリキッドタイプかクリームタイプがおすすめです。

MENU

シミをカバーするメイク術

シミが出来たら皆さんシミを消す為の対策を行いますよね。

 

例えば美白化粧品をつかったり、中には美容整形を考えたりする人もいらっしゃるのではないでしょうか?

>>皮膚科でシミ取りレーザー治療する<<

 

 

フェイスパウダー

それはそれとしてとにかく出来てしまったシミは隠したい ものです。シミを隠す為にはとりあえずメイクでどうにかするしかないですよね。
しかし、自力ではなかなか上手くいかない人も多いのではないかと思います。

 

そこでここではメイクで上手にシミをカバーするための方法 をご紹介します。

 

ファンデーションを選ぶとき

シミをメイクでカバーするためには、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使用するようにしましょう。

 

これらのファンデーションはパウダーファンデーションよりカバー力が高く、肌に密着させて伸ばす事ができるので、上手くシミを隠す事が出来ます

 

ファンデーションの色はどのように選んでいますか?
一般的には自分の肌の色よりも少し明るめの色を選んでしまう事が多いのですが、明るい色は逆にシミを目立たせてしまうので、できるだけ元の肌の色に近いものか少し暗めの色のものを選ぶようにしましょう。

 

コンシーラーを使おう

それでも隠れないシミにはコンシーラーを使用するようにすることをおすすめします。
コンシーラーはリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを使った後に使用するようにしましょう。

 

コンシーラーにもさまざまな種類があるのですが、大きなシミを隠したいのであればスティックタイプを、そばかすのような小さいシミを隠したいのであればペンシルタイプかリキッドタイプのものを使用するようにするとよいでしょう。

 

コンシーラーは、シミの上にコンシーラーを乗せた後、周りの肌になじませるようにぼかしましょう。

 

パウダーでの仕上げを忘れずに

下地で上手にシミを隠したら、その上からフェイスパウダーを乗せましょう。

 

肌の上に抑えるようにパウダーを乗せることでメイクの持ちを良くする事ができ、残ってしまった色ムラ肌にならしてより自然に見せる事ができます

 

絶対に肌の上を滑らせるようにパウダーをつけないようにしましょう。そうしてしまうとせっかくの下地が崩れてしまいます。

 

シミの対策も並行してやるようにしよう

シミを隠す事も大切ですが、これ以上シミを悪化させないようにし、これ以上シミが増えないようにすることも大切です。

 

美白化粧品や日焼け止めを使い、紫外線対策や食事、睡眠などの生活習慣を見直すようにしましょう。
一度出来てしまったシミは簡単に消えることはないので、長期的にシミ対策を並行して行う事が大切です。