ビタミンC誘導体は厚生労働省認可の美白有効成分でシミに効果的な成分です。

MENU

シミ対策と化粧品

シミの対策をどのように行っていますか?

 

基本的には日焼け止めや美白化粧品などで行っている人が多いのではないでしょうか?
しかし、色々な対策をしているのにも関わらず、シミに悩まされている人も多いのではないかと思います。
そこでここではシミの対策に効果的な化粧品についてご紹介します。

 

シミ対策に効果的な化粧品の選び方

スキンケア用品

美白化粧品、というだけでシミ対策に効果的だと思って購入していませんか?

 

化粧品には必ず配合されている成分、と言うものがあります。

 

美白化粧品を購入する前に、美白に有効な成分が入っているかどうかを確認してから購入するようにしましょう。

 

美白に有効な成分

ビタミンC誘導体

美白成分、と言えば代表的なのがこのビタミンC誘導体です。
この成分は抗酸化作用があるため、出来てしまったシミを薄くし、アンチエイジング効果もあるのでシミ予防としても効果的な成分になっています。

 

ビタミンC誘導体は成分として「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」(APPS)や「3-O-グリセリルアスコルビン酸」(3GA)と記載されている事が多いので、これらが配合されているものを使うようにしましょう。

 

アルブチン

CMや化粧品売り場の店頭などでアルブチン、という言葉を見たり聞いたりした事がある人もいらっしゃるのではないかと思います。

 

アルブチンはシミが出来る原因であるメラニンの発生を抑える働きのあるものです。
出来てしまったシミにも肌の新陳代謝をあげることで体外に排出する効果もあります。

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸もアルブチン同様、シミの原因であるメラニンの生成を抑える効果があります。
その他にも抗炎症作用があるので、肌荒れの予防をする事もできます。

 

保湿成分の入っているもの

シミの対策をする為には肌の内側をきちんと保湿してくれる成分が配合されている化粧品を使うことも大切です。

 

代表的な保湿成分に「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などがありますが、特におすすめしたいのは「セラミド」です。

 

セラミドはもともと肌にある成分でもあるのですが、セラミドが不足してしまうと肌荒れなどを起こしやすくなってしまうので、外部から化粧品などで補ってあげる事が大切です。

 

継続する事が大事

シミ対策は継続して行わなければ意味がありません

 

値段もそうですが、自分の肌に合っているものを見つけて長く使い続けられるものを選ぶとよいでしょう。

 

特に敏感肌など肌の弱い方はアルコールや防腐剤の配合されていない肌に刺激の弱い化粧品を選ぶようにし、お試し用にトライアルセットなどを利用してみるといいかもしれませんね。