シミの出来やすさは遺伝的要素がありますが、きちんとスキンケアを行うことでシミを予防できます。

MENU

シミと遺伝の関係

遺伝子

自分もシミで悩んでいるけれど、そういえば自分の母親もシミで悩んでいたな・・・ということはありませんか?

 

もしくは自分は今あまりシミに悩んでいないけど、親がシミに悩んでいたから将来自分もシミになるのでは?と不安な方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこでここではシミの出来やすさは遺伝するものなのかどうかをご紹介していきます。

 

肌が白い人はシミが出来やすい

シミは特に女性のほうが出来やすいとされています。
それはシミが出来る原因に女性ホルモンが影響しているといわれているためです。

 

父親がシミに悩んでいた、もしくは父親の顔にシミがあった、という記憶のある人は少ないのではないでしょうか?

 

その他、肌が白い人はシミが出来やすいとされています。
それは肌が白い人の方がシミの原因であるメラニンを多く分泌しやすい体質であるといえるからです。

 

メラニンとはそもそも肌を守ろうとして分泌される物質なのですが、肌の色が白い人の方がもともとのメラニン量が少ない為、より多くメラニンを分泌してしまうのです。
肌の色が遺伝的に白く、紫外線を浴びると赤くなってしまう人はシミが出来やすい体質であるといえます。

 

そばかすは遺伝しやすい

そばかすとは頬の辺りに茶色くて小さな点状のシミのことです。

 

そばかすは他のシミと比べて遺伝的な要素が強いといわれています。
しかし、例え親にそばかすがないからと言って絶対にそばかすが出来ない、というわけではありません。

 

シミが出来ないように対策を行う必要がある

シミの出来やすさは遺伝的なものもありますが、きちんと対策を行えばシミを防ぐ事が出来ます。

 

一番大切なのは「スキンケア」をきちんと行う事です。

 

そもそもシミというのは肌が紫外線を浴びることで肌がダメージを受けてしまい、それを防ごうとしてメラニンが分泌されて出来てしまうものです。ということは紫外線を肌に浴びないようにすることがとても大切になります。

 

外出するときはもちろん、室内でも紫外線を浴びないわけではないので、きちんと日焼け止めを塗っておく事が大切です。

 

出来てしまったシミというのは本来、肌のターンオーバーを正常にすることでシミを薄くしたりすることが可能です。

 

肌のターンオーバーを正常にするためには、食生活や睡眠時間をきちんととるなど生活習慣を見直す事が大切です。

 

その他にもシミは老化した細胞でもあるので、抗酸化作用のあるものを積極的に食べる事によってシミが出来にくい体質にする事も大切です。

 

抗酸化作用のある食べ物にはビタミンCを多く含む果物や、ポリフェノールを多く含む緑茶やコーヒーなどがあります。

 

食事だけで摂りにくい場合はサプリメントを摂る様にするのも効果的です。