光治療は特殊な光を照射して肌のターンオーバーを活性化させることで、シミを取り除きます。

MENU

レーザー以外の治療法

 

シミ取りを考える際に重要になるのがその方法です。

 

どの方法にもメリットとデメリットがあるため、特徴をしっかり理解してから行動するのが良いでしょう。金銭的な要素やどのれぐらいのシミ取り効果があるか、それらを把握しておくと良い結果に繋がります。

 

また、ゆっくり安くシミ取りを行うのか、高くても素早くシミ取りを行うかでも治療方法は変わります。目的に応じた治療方法を選んでシミの無い美しい肌を手に入れてみましょう。

 

ここではレーザー以外の治療方法についてまとめて行きます。

 

 

軟膏などの外用薬

最もシンプルで安全性が高いとされるのが軟膏などの外用薬です。
シミを薄くする効果を持っており美白効果もあるのが特徴だと言えます。
美白効果によりシミはゆっくりとですが確実に薄くなって行くでしょう。

 

メリットとしては自宅でいつでもスキンケアを行えるのと、安全性が高い点です。

 

稀にアレルギーで肌荒れを引き起こすかもしれませんが、そうしたリスクは低いと考えて良いです。万が一肌に異常を感じたら使用をすぐに止めてください。

 

デメリットについてですが、効果を実感するまで数ヶ月必要になるのが挙げられます。
数日でシミが無くなる訳ではないので地道に継続する努力をしなければなりません。

 

薄いシミであれば軟膏で十分なので覚えておきましょう。

 

 

光治療でシミ取り

レーザーとは違い、光治療はフラッシュを使用してシミ取りを行います
特殊な光を照射することで肌のターンオーバーを活性化させシミを取り除くのです。

 

広範囲のシミを効率よく取り除けますし、肌への負担も少ないのがメリットとなります。
デメリットとしては何度も美容クリニックへ通う必要があり、お金と時間の負担が大きいというものがあります。

 

 

内服薬での治療

内服薬でシミ治療

知名度はやや低いものの利用している人が多いのが内服薬での治療です。

 

メラニン色素の生成を抑制する成分が含まれており、シミ対策をするのに有効でしょう。

 

またビタミンC誘導体などで肌のターンオーバーをサポートする効果もあります。

 

内服薬は気軽に飲めるので重宝されていますが、体質によっては副作用が出てしまいます。
規則正しい生活をしていないと効果が出ないのも覚えておきたいポイントとなります。