シミが出来る原因は紫外線だけではなく、ストレスや不規則な生活なども原因となります。

MENU

シミの出来る原因

 

女性にとって大敵となるシミですが、これは何が原因で発生するのでしょうか?
シミが出来てしまうと非常に大きなショックを受けることになります。
出来ることなら老後までシミとは無縁の生活を送りたいものです。

 

さて、シミの原因で最も有名なのは日焼けによるメラニン色素の発生です。
テレビや雑誌、ニュースでも紫外線への注意を行っているので大抵の人は知っているでしょう。

 

しかし、シミの原因は紫外線だけでは無いのです。
シミが出来る原因を知り、美しい肌を守る対策を行いましょう。

 

シミはできる前に対策!予防方法とは?

 

 

紫外線

シミの原因となる紫外線を浴びている女性

冒頭でも触れたようにシミが出来てしまう大きな原因となります。

 

紫外線が肌に当たるとメラニン色素が大量に発生し、肌を守ろうとする働きをします。

 

メラニン色素は肌を守っているので必要な成分なのですが、女性にとってはシミの原因になってしまうのです。

 

乾燥肌の女性は紫外線が原因のシミが出来やすいので注意しましょう。外出時は露出を避けて紫外線をカットするクリームを活用すると良いです。

 

 

肌のターンオーバー

ターンオーバーとは、新しい皮膚が作られて古い皮膚が剥がれていくサイクルのことです。
子供の頃は日焼けをしても数ヶ月後には元の肌色に戻っていたはずです。
これは肌のターンオーバーが活性化されており、どんどん新しい皮膚が作られた結果なのです。
シミが残ってしまうのは、この肌のターンオーバーが活性化していない可能性があります。

 

年齢と共にターンオーバーの効果は弱くなるのですが、それだけが原因では無いのです。
ストレスや不規則な生活、暴飲暴食などもターンオーバーに影響しています。
日頃から健康的な生活を送るようにしておくと、シミを回避出来るようになるでしょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

目の下のクマなど肝班と呼ばれるシミは、ホルモンバランスの乱れによって発生します。
ストレスはもちろん、女性だと妊娠時やピルの服用によりシミが出来てしまう場合があるのです。
20代~40代に多いのが特徴で、50代になると肝班によるシミは逆に目立たなくなります。

 

ホルモンバランスの乱れを防ぐには、規則正しい生活が最も効果的です。
睡眠不足や過度なストレスを溜め込まないように気を付けて生活しましょう。